トップ / 不動産投資は不労所得か

不動産投資は不労所得か

不動産投資の注意点

損失発生

不動産投資では老朽化に注意

不動産投資をすることによって安定した収入を得ている人もいますから、不労所得などと言われることもあります。しかし、何もせずに所得を得られるほど世の中は甘くなくて、色々なことを行っていかなければなりません。特に、老朽化に対応していくことは大事なことだと考えられます。建物はどうしても古くなっていきますから、美しい状態に保つためには定期的なメンテナンスが必要です。そのためにはもちろん修繕コストがかかります。不動産投資ではこのような対策をしていかないと所得が減ってしまうというデメリットがありますから注意が必要です。

長期運用のデメリットとは

不動産投資は、多くの人が長期で運用をします。短期で売買をして稼ぐ人もいますが、どちらかというと長期の場合が多いでしょう。おおむね10年以上は保有する人が多いと考えられるのです。長期で運用をすれば多くの賃料収入を得られるというメリットはあるのですが、デメリットもいくつかあります。最も大きなデメリットは老朽化によって価値が下がることです。ですから、不動産投資ではこの対策のために修繕コストをかけていかなければなりませんから、目先のことだけではなくて、長期的な修繕のために資金を積み立てていくことも必要です。

↑PAGE TOP