トップ / 不動産投資のデメリット対策

不動産投資のデメリット対策

不動産投資のリスク

損失発生

不動産投資のデメリット

預貯金の利息は歴史的な低水準の一方、公的年金だけで、働かなくなった老後の生活費が間に合うと思っている人は少ないです。安定した家賃収入が見込める不動産投資は、私的年金としても注目されています。リスクとリターンは表裏の関係にあり、預貯金は、リターンの金利が低い分、元本保証でリスクはありません。不動産投資は高いリターンが期待できる半面、対極にあるデメリットについても知って、対策をしておきましょう。不動産は、市場価格の上下があり、値上がり益が得られることもある反面、時には値下がりをすることもあります。値下がりをしても、売却せずに家賃収入を得ていれば、損をすることはありません。資金が足りなくて、不本意な売却をすると、損をすることがあるので、余裕を持った資金計画が大切です。

価格に関するデメリット

不動産投資のデメリットの一つとして価格が値下がりすることが挙げられます。もちろんですが逆に値上がりすることもありますが、実質ベースで見れば下がることの方が多いと考えられます。なぜかと申しますと、建物が老朽化するからです。建物の老朽化は避けられないものです。できるだけ長く使うためにメンテナンスをしていくことによって対策はできますが、永遠に使うことはできないでしょう。ですから、不動産投資では物件の価値は徐々に値下がりしていくものだと言うことを頭に入れておくべきで、その前提の元で運用していくことが肝要です。

↑PAGE TOP