トップ

不動産投資のデメリット

不動産投資のリスク

損失発生

不動産投資の空室対策について

不動産投資において最も大きなリスクが空室リスクです。空室になると、当たり前のことなのですが、賃料収入が減少します。それにもかかわらず固定費としてのコストはかかるのですから、空室の長期化が起こるとキャッシュフローを圧迫してしまいます。このようなことが常に起こるわけではありませんが、そのリスクは常にあるというのがデメリットの一つだと言えるでしょう。その対策としては、物件を常に魅力的な状態へ保っておくことが挙げられます。たとえば、退去すれば設備を最新のものに取り替えるといったことが不動産投資では必要なのです。

空室の長期化によるデメリット

不動産投資のデメリットの一つが空室リスクです。空室が発生しても、すぐに入居者が見つかれば良いのですが、なかなか見つからないこともあります。空室の長期化が起こると、それによって賃料収入が減り、キャッシュがショートしてしまう可能性がありますから注意が必要です。このようなリスクが不動産投資にはありますから常に何らかの対策を行っていかなければなりません。具体的な対策としては、たとえばリフォームして物件を新しくするのは良い方法です。大規模なリフォームではなくても、室内の設備の一部をリフォームするのも良い方法です。

↑PAGE TOP